無担保ローン

ローンとキャッシングの違い

ここからは、もう少し根本のローンの基礎知識について簡単に説明していきます。意外と枝葉のことについては知っていても、大元の根っこのことについては知らないことがあるからです。逆に、この大元の根っこの部分を知れば、枝葉のことについても、より深く知ることができるのです。そこで、最初はローンとキャッシングの違いについてです。これを見て、違いや区別はご存知でしたでしょうか?
まず、ローンとキャッシングについて共通していることは何でしょうか?それは、お金を借りることですね。これについてはどちらも共通しているところです。では、この大きな違いは何かといいますと、厳密には違いはありません。ただし、世の中の常識や一般の人が思っているのが、ローンというのは、お金を借りる目的が決まっている場合に使いますね。その1つに住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどです。また、ローンはどちらかというと長期的に借りる、そして長期間かけて返済するというイメージがあります。その一方でキャッシングは、短期的に借りる、借りる目的は決まっていない場合に使われる場合が多いです。しかし、最近はローンも特に使用目的に関係なく、借りることができるものもあります。そのため、ローンとキャッシングの境目はハッキリせず、その人の解釈または金融会社の捉え方によって、変わる場合があります。しかし、いずれの場合でもお金を借りるときには目的をハッキリさせることがとても重要です。

金利について

知人や友だちなどと、ずっといつまでも交友関係を築くにはどのようなことが必要でしょうか?急にそんなことは言われても分からない、と思われたかもしれませんね。では、このような知人や友だちとずっと付き合いたいでしょうか?それは、お願いをするときだけ相談されて、それ以外は何も連絡がないという人です。もしかしたら思い当たるような人がいたかもしれませんね。私たちが交友関係を続けられるのも、この貸しと借りがどちらか一方に多すぎないのがお互いに負担がなく付き合えるわけですね。では、ローンに関してはどうなるのでしょうか?これは当然ですが、お金を借りたら返さないといけませんね。これは先ほどの貸しと借りに似ています。しかし、借りたお金をそのまま返すだけではありません。借りた分の手数料もあわせて返す必要があるからです。その手数料を決めているのが金利となるわけです。つまり、10万円借りたら10万円返すのはもちろんのこと、その10万円に一定の割合で加算された金利の分を払う必要があるのです。
金利というのはローンの金額に応じて法律で上限が決まっています。そのため、その上限を超えることはありません。では具体的な金利というのは各金融会社によって異なるため、変わってきます。つまり、ローンをする金額と合わせて、どれくらいの期間ローンをするのかを決めたうえで、あなたに合ったローンを決めるのが正しい方法です。そして、返済は金利も含めて返すことを忘れないでくださいね。

使用目的がなくてもローンはできるの

ローンとキャッシングというのは基本的には大きな違いはありません。しかし、どちらかというとローンというのは教育ローンや住宅ローンという言葉があるように、目的が決まっている場合に使われることが多くあります。お金を貸し出しするのに目的以外の使用ができないローンも実際にあります。しかし、ローンとキャッシングに違いをつけてない場合もあります。当然ですが使用目的なないローンを組むことももちろんできます。
しかし、その点でやはり注意して欲しいのは、ローンをするときには、借りる目的がないよりも、借りる目的をハッキリとさせておいた方がいいことを強くオススメします。これは仕事をしているときに締め切りがある仕事とない仕事では、どちらが終わる確率が多いといったら、前者の方ではないでしょうか?お金を使用する目的に関しても、これと同じことがいえるのです。やはり目的があった方が、その目的のためにお金を使うようになるからです。つまり、ムダに使うことが少なくなるからなんですね。ところが何となく目的もなくローンをしてしまいますと、その使い道も何となくになってしまうのです。買い物で例えれば衝動買いで買ってしまい、何であのとき、こんなのを買ったんだろう、というのに非常に似ていますね。つまりムダに使ってしまうことがあるからです。ローンを有効に使っても、使わなかったとしても、ローンは必ず返済するという決まりはどちらにもあります。その点を踏まえた上でローンをしてくださいね。

無利息ローンは無担保でできるの

ローンといっても、実はいろんな種類があるのです。前にも少し触れましたが、ローンというのは大きく分けて住宅ローンなどのように使用目的が決まっているローンと、決まっていないローンの2つに分かれます。そしてローンを始めとする金融業のサービスは、いろんな会社からたくさん出ています。これは絶対条件ですが、お金を借りたら返さないといけません。そして、基本的にはローンを返済するときには借りた元金に対して、それに一定の割合で算出された金利があり、その手数料もあわせて支払わないといけないのです。例えば100万円借りたとして、1年間の金利が10%だったとした場合、1年後に返済するのは借りた元金の100万円と金利分の手数料にあたる利息10万円、合計して110万円を返済しないといけないのです。このように実は金利というのは小さくても、積もり積もれば大きくなるのです。そして、ローンの中には究極ともいえる、無利息ローンというのがあるのです。つまり、100万円借りたら返すときには利息はゼロなので、100万円を返せばいいというものです。では、こんな好都合な条件の無利息ローンですが、これは担保なしでローンをすることができるのでしょうか?
これに関しては無担保であればもちろんできます。ネット上で調べれば出る無利息ローンは基本的に担保は必要なく、無担保でローンをすることができるのです。そして、次からは無利息ローンのメリットとデメリットについて説明していきます。

無利息ローンのメリット

先ほどは無利息ローンについて、簡単な説明をしました。そして、ここからは無利息ローンのメリットとデメリットについて説明をしていきます。まず、最初は無利息ローンのメリットについて、一体どのようなものがあるのでしょうか?
これに関しては、大きなメリットといったら1つしかないですね。それは、利息がかからないということです。つまり、金利が0%ということです。通常、お金を借りるときには、借りた金額だけではなく、それに金利がかかります。この金利は法律の元で、上限が決められていて、その範囲内で金利が決まります。そして、これは各金融会社によって金利に違いが出てきます。金利というのは基本的に年利で計算されます。これは、借りた金額に対して、1年間借りた場合の利息で計算されます。その利息を365日で割って、それに借りた日数をかけあわせて、利息が計算されます。つまり、基本的には借りた以上に、お金を返さないといけない、というわけです。ところが、無利息であれば、その心配は必要ありません。10万円借りたら、10万円だけ返せばいいという仕組みなのです。これが無利息でなければ、借りた金額の大小に関係なく、利息を返さないといけないんですね。最低の貸し出し金額は、各金融会社によって異なります。しかし、金利はあくまでも貸している側の都合に過ぎません。そのため、できれば早く返した方が、私たち借り手側の負担も少なくなるというわけです。

無利息ローンのデメリット

無利息ローンのメリットについて説明をしたら、今度はデメリットです。無利息ローンは借りる側にとっては、とてもありがたいローンです。なぜなら、本来支払うはずのローンにかかる利息を払わなくていいからです。これが無利息ローンのメリットですね。では、無利息ローンのデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?
まず、お金を貸す側の立場に立つとこのあたりがよく分かります。金融会社では、お金を貸してどうやって儲けを出しているのかといったら、金利や利息だからです。これらの手数料で儲けているわけです。つまり、無利息ローンは本来もらえるはずの手数料をもらえないわけですから、あまりメリットがないわけです。そしてリスクを少しでも少なくするためにしていることがあります。それはローンができる期間が短いということです。サービスによっては1周間や10日など短い期間で無利息ローンをしているところもあります。では、もしその短い期間で返すことができなかった場合にはどうなるのでしょうか?実はここに儲けの秘密があるのです。返却期間の間に返せなかった場合には、普通の利息がかかるローンに比べて金利が高めになるということです。そのため、その無利息期間が短いときに返却できれば、借りる側にはオトクなローンです。ただし、中期的、長期的に借りる場合には、あまりメリットがないといえるわけです。これらの無利息ローンのメリット、デメリットを生かして、うまく活用を行ってくださいね。

結局無担保ローンはどこがいいの

無担保ローンを扱っている金融会社はたくさんあります。例えば銀行業務を行っていない金融会社から銀行など様々あります。そして、サービスもいろいろとあります。いろんなポイントサービスを提携している会社などと一緒にサービスを提供しています。このように多いのも、魅力的に感じるのもそれは、無担保ローンを活用している人が多いということです。もちろん、そこで重要なのは、無担保ローンを正しく活用することです。そのためには、無担保ローンを含む、ローンや金融に関する知識を身につけておくことがとても大切なのです。そこで気になるのが、結局のところ無担保ローンはどこがいいのか、オススメの無担保ローンはどこがいいのか、ということではないでしょうか?
これに関しては正直なところ、これがいいと1つだけに絞ることは難しいのが実情です。なぜなら、その人の状況によって変わるからです。もし、短い期間で問題ない、必ず期日までに返済が可能な場合には、無担保で借りられる無利息ローンがオススメだからです。こうすれば、ムダな金利から算出された利息分を支払う必要がないからです。とはいっても自分では選べない、というのがあると思います。そこで1番簡単な方法は、金利が安いところを探すことです。他には使用目的に応じて、目的がある場合には目的別のローン、そうでない場合には目的に関係なく、借りられるローンを選択してください。ぜひ、あなたに合った無担保ローンを見つけてくださいね。


このページの先頭へ戻る